業務改善コンサルティング

ようこそ

業務を改善したい10人前後までの中小企業の社長へ

多くの社長は心では、業務改善をしたい、とかシステムを導入して仕事の効率をアップしたい!と考えています。
もっというと、「やらなきゃいけないと思っている!」と。

分かっているのに、一歩踏み出せずにいるのは理由があります。
具体的に業務システムを利用した仕事の仕組み化を考えたとき、今度は次の問題に当たるのです。

  • 何のソフトやアプリ、システムを導入すればいいか分からない
  • 誰に相談すればいいか分からない
  • 社内にPC詳しい人がいないけど大丈夫か
  • 全員パソコンもっていないけど、スマホとかタブレットでも使える?
  • 高額な初期費用は厳しい
  • 高額なランニングコストも掛けたくない
  • そもそも使いこなせるのか?導入したけど使わなかったらどうしよう?
  • お金掛けて作ったわええけど、修正とかでたらどうなるんやろう?
  • 新しいシステムを入れることで従業員のストレスにならないか

これで心が折れてしまい、結局またいつか。になってしますのです。
このように考えはするけど、結局なにもしないままの法人がたくさんあります。

システム化は最大のリスクヘッジ

実は大手よりも中小企業こそシステム化は最重要課題です。
大手は、お金をかけて独自システムを組んでいます。
しかし、それには高額な費用が掛かります。
その時点でも中小企業とはシステム化に二の足を踏むところでしょう。

高額な費用を掛けずに運用できる優れた業務改善システムは存在する

まず、社内環境のシステム化をおこなう場合、多くの会社が会社の仕組みに合わせてシステムを作る会社が多いです。
よって、システムエンジニアに1から業務システムを組んでもらうのです。
しかし、そもそもそのやり方は優れているとは言えません。

特に大企業であれば、仕組み化の素地があるのでシステム化も可能です。

しかし、小さな会社ではそもそも仕組み化があまりできてないのに、どうやってシステムエンジニアに指示をだしてシステムを組むのか?ということになります。

実際に自社の業務システムを組もうとして「見積もりとったけど高い!」と困り、弊社に相談があることが多いです。

で、あれば逆の発想をすればこうなります。

  • 新しく作るのではなく、既存の優れた業務改善システムを探す
  • その業務改善システムの仕組みを骨として、会社の業務を見直す
  • それであれば、1から作るよりも「初期設定」「カスタマイズ」で対応できる
  • 結果初期費用の大幅減額

そんなことができるのか?って思うかもしれません。
しかし、できるのです!

こうした仕組みで「はじめて業務改善システムを導入する会社にも導入しやすいような提案を弊社は提供できます。
それがkintoneを活用した業務改善コンサルティングです。

kintone

kintoneとは

kintoneとは、サイボウズ社が提供している業務改善アプリケーションです。
クラウド上で運用し、中小企業の業務改善に大きく役立ちます。
すでに1万社以上で使われいます。

弊社のできること

弊社のできることは次の5つです。

  • 社長の「仕事の仕組みをこうしたい!」を聞く
  • その内容に伴い、どうすれば業務効率を改善できるかをコンサルティング
  • コンサルティングの内容にそって、kintoneのシステムをくみ上げる
  • 作り上げたkintoneの内容と作業・利用方法について従業員の方へお教えする。
  • 現場の声を収集しながら、継続したフォローアップでkintoneのアプリケーションを改善し、より使いやすい環境を構築

具体的にどのような方法かをご説明します。

株式会社ユービーエルのkintoneを活用した業務改善コンサルティングサービスの流れ

1,第一回 無料コンサルティング

まずご面談させていただき、現在業務についてお悩みのこと、また「こうしたい」をお聞かせいただきます。
この際、kintoneについてのご説明、デモンストレーションも体験できます。

2,第二回打ち合わせ

二回目は前回いただいたお話をもとに、どういう風にすればいいかのプレゼンテーションさせていただきます。

3,業務システム構築スタート

前回のご提案についてお話を進めます。
エンジニアによるkintoneによる業務システムのカスタマイズが始まります。

4, テスト運用

完成したkintoneを実際に触っていただきます。
1週間のテスト運用で気がついたところをお聞きし、改善をおこないます。

5,納品

納品いたします。

6,フォローアップ

kintoneでの業務運用システムは一度作って終わりではありません。
その後運用をしながら、改善希望をあつめ常に業務システムをより効率的になるようフォローアップします。
また、従業員様への利用方法の説明などもおこないます。

コンサルティング費用

導入初期費用 30万円(別途消費税)
導入後の月額コンサルティング費用 3万円(別途消費税) 目安12ヶ月
kintoneアカウント費用月額 1,500円×従業員数(別途消費税)

初期費用に含まれるもの

・打ち合わせを含めたコンサルティング
・kintone導入
・kintoneのカスタマイズ
・使用方法の指導

月額コンサルティング費用に含まれるもの

kintoneでの業務の運用が始まっても大事なことがあります。
それは常に改善をしていくことです。

あ、こうしたほうがよかった。
こんなことできないかな?
新しいアプリを作りたい!

こうした要望と、また業務をちゃんと仕組み化していくまでをコンサルティングしてフォローしていきます。
目安で12ヶ月間はコンサルを継続的に受けていただくことをオススメします。

・kintoneの新規アプリの制作
・kintoneの既存アプリの改善
・業務改善のフォローアップ
・オンラインミーティング

事例,従業員数5名の会社の場合

導入初期費用 30万円(別途消費税)
導入後の月額コンサルティング費用 3万円(別途消費税)
kintoneアカウント費用月額 1,500円×5名=7,500円(別途消費税)
(月額合計 37,500円+消費税)

初期費用と、1年間のコンサルティング、さらにkintoneそのものの仕組みを考えても合計で75万円です。
初年度で初期導入費用まで入れれば、月額で62,500円の費用負担です。

これを安いと思うか、高いと思うかに判断は経営者次第でしょう。

しかし、こうした業務改善について専門で人を1人雇うとすればひと月でいくらかかりますか?
また、従業員の一人をこうした仕組みを作ることに回した場合、その時間的損失は?

業務改善とシステムの導入費用を含めてアウトソーシングしたコストパフォーマンスと計算してみてください。

よくある質問

初期費用でどこまでカスタマイズできますか?

最初のコンサルティングの時に提案はさせていただきますが、当然あまりにも多い作業が必要な場合は別途費用をご請求する場合もございます。
ただ一般的な業務であれば、初期費用でほぼ機能を網羅した状態で納品できます。

カンタンに使えますか?

kintoneは非常に優れた業務改善システムです。
導入して終わりではなく、その後の使い方を含めたアフターフォローまで行いますので、ご安心ください。

kintoneは自分でアプリを作れると聞きましたが、わざわざ頼む必要があるの?

kintoneでアプリを自分で作ることは簡単です。
しかし、当然ながらそれにはどんなアプリをどのように配置して作るかも考えないといけません。
言葉キツくいうと、誰でもできるけど、下手な人が作ると逆に業務の効率が悪くなることもあります。

実際弊社でも何度も試行錯誤して作ってきました。
一旦私どもが、プロとしてちゃんと使えるものを作り、それを実際運用してもらい改善をしていくのです。
そういう意味では、初期費用は最初にkintoneを誰かに学ばせて、時間をかけて組み、やり直す時間を買うと考えていただくといいと思います。
まさに、システム導入のアウトソーシングといえます。

まずは初回無料の業務改善コンサルティングを受けてみませんか?

お問い合わせ

PAGE TOP




株式会社ユービーエル

〒651-0083
神戸市中央区浜辺通4丁目1番23号
三宮ベンチャービル101号室
TEL:078-231-1866




MENU

CONTACT
HOME